1975年3月 当社の前身である日本レジコン株式会社を東京都新宿区四谷に設立
1978年1月 編集制作会社の有限会社エフプロモーションを東京都千代田区飯田橋に創業
1980年5月 有限会社エフプロモーションを株式会社に改組し、株式会社プレスサービスに改称。編集制作および広報支援業務を開始
1988年1月 当社の母体である日本レジコン株式会社の経営権を譲受し、子会社化
1993年5月 株式会社プレスサービスを解散し、子会社で事業継続
1993年11月 本社を東京都千代田区神保町に移転し社名を株式会社高雄宏政事務所に改称
1994年7月 広報の情報発信ツール「ニュースレター」の制作を開始
1995年4月 広報活動の成果指標となる「報道分析」で新たな手法を開発。露出指数、論調指標、広告料金換算値などを加えた独自の広報効果測定方法を確立
1997年5月 広告会社の危機管理プロジェクトに参画し、広報・宣伝担当者のための「危機管理マニュアル」や「広報マニュアル」を作成
2001年1月 マスコミサーベイのサービス開始
2001年8月 株主・投資家を対象にした独自の「IR調査」を確立し、サービスを開始
2002年8月 広報コンサルティング業務を本格的に開始
2003年10月 公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会の会報で「独自のアプローチにより多角的できめ細かな報道分析」として当社の事例が紹介される
2003年12月 事務所を東京都千代田区神田神保町に移転
2004年12月 「広報効果測定のための報道記事分析の開発」が第7回日本PR大賞「PRアワードグランプリ」でスキル部門賞を受賞
2005年10月 社名を株式会社タカオ・アソシエイツに改称
2005年12月 当社が企画制作したバンダイのニュースレター「BANDAI NOW」が第8回日本PR大賞「PRアワードグランプリ」で優秀賞を受賞
2006年7月 東京国際ブックフェアで開催された編集制作プロダクションフェアに出展
2006年12月 当社制作の手帳型ファクトブック『BANDAI NAMCO FACTBOOK』が第9回日本PR大賞「PRアワードグランプリ」で優秀賞を受賞
帝人グループの認知度向上プロジェクトがルーティン部門賞を受賞
2007年7月 『BANDAI NAMCO FACTBOOK』が一般社団法人日本編集制作協会主催第2回「日本編集制作大賞」で企業出版部門賞を受賞
2007年10月 フジサンケイビジネスアイ紙が「報道分析と独自スタイルのニュースレター、手帳型ファクトブックという“ニッチ商品”を武器に、企業の広報戦略を支援するオンリーワンPR会社」と当社を紹介
2008年1月 当社が制作した『広報・危機管理マニュアル』が第10回日本PR大賞「PRアワードグランプリ」でスキル部門賞を受賞
2009年5月 事務所を東京都千代田区神田錦町3-14-3に移転
2009年7月 当社制作の簡易型年史『BANDAI CHARACTER BIBLE』が一般社団法人日本編集制作協会主催第4回「日本編集制作大賞」で企業出版部門賞を受賞
2009年11月 ワンセグの受信・映像圧縮技術を応用したTVモニターシステムを開発
2010年1月 広報会議が「報道分析の最前線」と題して当社の広報効果測定法を紹介
2011年1月 当社エントリーの「多面的分析による広報効果測定法の開発」が2010年度日本PR大賞「PRアワードグランプリ」でスキル部門優秀賞を受賞
2011年3月 一般財団法人経済広報センター発行の「経済広報」で当社の「報道分析と広報効果測定」が紹介される
2012年8月 「広報効果測定のための 報道分析の手引き」を発行
2012年10月 「的確な情報発信のための 広報ツールの手引き」を発行
2012年12月 「広報効果測定値 ETAモデル」を開発し商標登録
2013年2月 「信頼を高めるための広報活動の手引き」を発行
2013年3月 フジサンケイビジネスアイ紙が「キラリ!わが社の商品・サービス 3指標で企業の広報効果測定」と題し、当社の報道分析を紹介
2013年6月 「広報パーソンのための危機管理の手引き」を発行
2013年7月 広報会議が当社報道分析を紹介
2014年4月 「広報が会社を強くする」(世界文化社刊)を出版
2015年9月 報道分析の国際的団体「AMEC」に加入
2016年4月 「戦務が組織を動かす」(世界文化社刊)を出版