精度の高い独自の分析手法を開発


 報道分析とは、企業・団体の情報が、新聞、雑誌、テレビ、Webなどの主要メディアでどのように報道されたかを定量的かつ定性的に分析するもので、広報効果測定の一つの目安として用いられています。タカオ・アソシエイツは、長年にわたり報道分析調査を実施し、独自の手法を確立。これまでに分析を行った企業は100社を超え、その広範な分析内容と他社の追従を許さない精度の高さは、各方面から高く評価されています。

露出指数  
 露出状況を記事件数だけではなく掲載スペースも加味して表したものです。件数が多くてもスペースが小さいと数値が下がり、逆に件数が少なくてもスペースが大きいと数値が上がる仕組みとなっています。こうして算出した数値を「相対件数」と呼び、これにインプレッション効果のある写真掲載や1面掲載などによってポイントを加えて算出します。

論調指標  
 報道が与えるイメージを計測するもので、記事件数と論調をもとに数値化します。具体的には、論調がニュートラルな場合は1点、プラスなら2点、マイナスなら3点を減点して集計します。こうして算出したものを「単純指標」と呼び、これにレピュテーション効果を有するブランド報道やCSR報道の有無によってポイントを加算して算出します。

広告料金値
 記事や放映を広告と見なした場合の料金を集計したもので、発行部数の多い媒体や視聴率の高い時間帯に露出すればするほど、この「広告料金換算値」は高くなります。この換算値を露出指数や論調指標と対等になるように100万円単位で表した数値です。

広報効果測定値 ETAモデル
 露出指数、論調指標、広告料金値の3つの数値を足したもので、「幅広い媒体に対する情報発信」「報道が与える良好なイメージ」「影響力のある媒体への露出」という広報活動の成果を計測します。ここに計上された数値は普遍的なため、ベンチマーク企業や時系列の比較はもとより、他業種との比較なども可能です。



記事内容の分類
 掲載された記事の内容を大きく「経営情報」「製品情報」「社会情報」に区分し、各情報分野ごとに3〜5程度の内容項目に仕分けします。こうしてどのような情報が報道されているのかを把握します。



事業分野別/グループ会社別の露出
 調査対象企業がさまざまな事業を展開している場合に、それがどの程度メディアで報道されているかを調べます。具体的には、記事中で紹介された事業を個別に抽出し、その件数を集計します。このとき、1つの記事で1件として計算し、複数の事業が紹介されている場合はそれぞれ集計します。これによって各事業分野の露出状況を把握します。



IR分析
 掲載記事の内容やアナリストのコメントが株価にどのような影響を与えたかを判断するための調査です。自社の株価を日経平均株価やベンチマーク企業の株価と比較するとともに、極端な乱高下があるような場合にその背景を分析します。

アイテム別抽出
 記事中に掲載された製品やサービス、人名、記事アイテムなどを個別に抽出し、露出状況を調べます。記事アイテムは報道内容をテーマ別に抽出したもので、これによって調査期間に関連する業界でどんなニュースが話題になったのかを判断することができます。



アウトプット調査
 発信したニュースリリースが記事として報道されたかどうかを調べます(インプットヒット率)また、記事全体に占めるインプット情報の割合を調べます(アウトプット占有率)

ブランド報道
 掲載記事の中で、「業界最大手」「世界屈指の技術」といったように、その会社のプレゼンスを印象づけるような表記があった場合に計上します。

CSR報道
 企業のイメージアップとなるような社会貢献、環境保全、職場環境の改善などを紹介した報道がある場合に計上します。

Webウォッチング
 ヤフーファイナンスの掲示板などに投稿されたものをウォッチングし、好意的な掲載や悪意的な掲載を抽出し、クレーマー対策のためのアーリーウォーニングとします。

記者の傾向調査
 自社や業界のことについて署名執筆した記者を個別に抽出し、その内容、件数、記事の論調などを分析します。

TVモニタリング調査
 地上デジタル放送受信技術と映像圧縮技術を応用し、1台のパソコンで負担なく、しかも低価格で在京キー局6局を同時にモニタリングできる簡易式TVモニターシステムを開発し、オプションでTVの報道分析も行っています。



その他
 そのほかにもさまざまな報道分析を行っており、お客さまのご要望によりオーダーメイドで調査の設計を行います。


「PRアワ-ドグランプリ スキル部門賞」を受賞

 タカオ・アソシエイツは、この「広報効果測定のための報道分析の開発」で、2005年に社団法人日本パブリックリレーションズ協会主催の第5回日本PR大賞「PRアワ-ドグランプリ」でスキル部門賞を受賞しました。審査委員長を務めた『宣伝会議』編集長(当時)の田中里沙氏は、当社の受賞理由について、「ジャーナリストの視点から報道記事を分析し、論調や読者の印象を数値化した点が画期的」と講評しました。その後、2010年にも広報効果測定値ETAモデルの開発で「PRアワ-ドグランプリ」の優秀賞を受賞しています。

AMECに加盟

 タカオ・アソシエイツは、報道調査・分析における国際的な団体である「AMEC」(International Association for Measurement and Evaluation of Communication、国際通信評価測定協会)に加入しています。



料金等はこちらをご覧ください。