「広報・危機管理マニュアル」をリニューアルして発売
 株式会社タカオ・アソシエイツは、このたび「広報パーソン必携 広報・危機管理マニュアル」(第3版)を発行しました。
 「広報・危機管理マニュアル」は、B5判60ページ、2色印刷で、定価は2,500円(限定販売/税込)。最初に、広報の基礎知識として「広報とは何か」「取材対応の原則」「情報発信の方法」などを紹介。パブリシティの実務では、ニュースリリースの書き方から記者会見での対応方法 などを解説しています。また、危機管理に関しては、クライシス時の基礎的な対応をケーススタディごとに紹介。そのほか、「リスク管理の落とし穴」や「法律の基礎知識」などのコラムを盛り込んでおり、この一冊で広報・危機管理に関するノウハウをすべて網羅できるようになっています。
 当社の「広報・危機管理マニュアル」は、2007年の発行以来、企業の広報・PR分門をはじめ、各方面から高い評価を受けており、2008年1月には社団法人日本パブリックリレーションズ協会主催の第10回日本PR大賞「PRアワ-ドグランプリ」でスキル部門賞を受賞しています。
 企業・団体の広報マニュアルや危機管理マニュアルは、その多くが社外秘として扱われており、広報担当者から、「新人を教育するための広報マニュアルが欲しい」「体系だってきちんとまとめられた広報マニュアルがない」「最新の事例や法改正などを盛り込んだマニュアルが不在だ」といった意見が多く寄せられていました。 最新版の「広報・危機管理マニュアル」は、取材対応の心得からクライシス発生時の鉄則までを分かりやすくまとめるとともに、PR用語や法律用語の解説、最新事例などをふんだんに盛り込み、これまでにない実践的なマニュアルとなっています。

「広報パーソン必携 広報・危機管理マニュアル」(第3版)

価 格:2,500円(税込/送料別途500円)
体 裁:B5判 60ページ
内 容:広報の基礎知識/パブリシティの実務/リスクの基礎知識/ケーススタディ/クライシス発生時の鉄則/危機管理のチェック項目  

「広報・危機管理マニュアル」は一般書店では販売しておりません。ご購入を希望される方は、下記リンクからご注文ください。